予防歯科CLINIC

予防歯科へのこだわり

当院の歯科治療の基本的な形は、「歯に何らかのトラブルを抱えている方に対しては、的確な診査・診断・治療計画を元に、はっきりとした治療のゴールを設定して治療を行い、治療完了後はその状態を維持するために定期的なメンテナンスをする」「虫歯などの問題を現状で持っていない方に対しては、この先問題が起こらないように早い段階から予防的な処置を始めて、トラブルのない状態を維持していくように努める」というものです。例えば3か月に1回定期検診を受けるとして、合計で年4回の検診費用を「何も治療していないのにお金を払うのはもったいない」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実は虫歯になってから治療のために歯科医院に通うよりも、問題が起きる前から予防で通っていた方が通院回数もトータルでかかる治療費も少なくて済むということが統計ではっきりと出ているのです。ひとたび虫歯になり、神経を取る治療をするとなると、完治までに7回から8回の通院が必要です。さらに保険診療であれば銀歯の詰めものや被せものが入ることになって見た目にも不自然になり、一度失った健康な歯は二度と取り戻すことができません。トラブルは早い時点で食い止めて、そして予防へ繋げていくための治療を受けることが、長い目で見ると患者さまのさまざまな負担を減らすことに繋がります。

歯科衛生士の役割

より良い歯科治療の提供のためには、歯科医師と患者さまを多方面からサポートする歯科衛生士の存在は欠かせないものです。特に歯周病治療においては歯科衛生士が重要な役割を担っています。歯科衛生士も歯科医師と同じく、正しい知識と正しいエビデンスに基づいた治療計画を立てる力が求められます。誤った知識で身につけた治療は決して患者さまの予後を良いものにはしないという考えのもと、当院では衛生士向けの勉強会を積極的に行い、キャリアの長さに左右されないスペシャリストとしての技術と知識の習得に努めながら、日々臨床経験を積んでいます。診療時には医師だけではなく歯科衛生士も全員ルーペを着用しており、クリーニングの際に拡大視野の中で細かな汚れや歯石を残すことなく取り除いています。また、患者さまが安心して治療に臨めるように、丁寧な説明とコミュニケーションを心がけることも歯科衛生士の大切な役割です。患者さま一人ひとりが抱える悩みはさまざまなので、ご要望や生活習慣をお聞きし、患者さまのバックグラウンドにあるものをしっかりと理解しながらその方に合う最善の治療方針を考えていきます。そのためにも当院では患者さまごとに担当歯科衛生士を決め、患者さまの気持ちに寄り添ったきめ細かな処置とアドバイスを行っています。

患者さまに満足いただける治療をご提供するために

患者さまに質の高い歯科医療を提供するためには、向上心を常に持ち、技術の研鑽を怠らないことが求められます。そのため、当院の院長は現在も多くのセミナーや勉強会に参加し、より専門性の高い分野の知識や技術の習得に力を入れています。感覚や経験に頼るのではなく、科学的データを元にエビデンスに基づいた根拠のある診断と治療を行うことを大切にしています。また、歯科医療は日進月歩であり、基本に忠実でありながらも、新しい技術を積極的に取り入れて患者さまにより高いレベルの医療を提供することが歯科医師としての努めです。知識がないゆえに間違った治療を正しいと思い込んで患者さまに施してしまうことが決してないように、常に新しい情報の収集と技術習得を継続しながら、正しい理論に基づいた的確な診査・診断・治療計画の実現に向けて日々研鑽を積んでいます。

  • 患者さまの歯のお悩みをトータルに解決します 歯医者が苦手なお子さんも安心です 痛みの少ない治療を積極的に推進します 麻酔を使わないお子さんの虫歯治療 治療完了が予防歯科のスタートラインです 予防歯科定期検診は専用のルームで
患者さまの歯のお悩みをトータルに解決します 歯医者が苦手なお子さんも安心です 痛みの少ない治療を積極的に推進します 麻酔を使わないお子さんの虫歯治療 治療完了が予防歯科のスタートラインです 予防歯科定期検診は専用のルームで
歯のことなら何でもお気軽にご相談ください
最寄り駅は名鉄「中京競馬場前」駅になります。
鳴海駅・豊明駅の中間にあり、
両駅から2駅(約4分)ほど。