歯周病治療PERIO

あくね歯科クリニックだからこそできる歯周病治療

当院で行う歯周病治療では、まず診査項目が多岐にわたることが大きな特徴です。10枚法による細かいレントゲン撮影、咬合診断、不良補綴物の有無の確認、場合によってはCTも駆使してあらゆる精密な検査を行い、問題がどこにあるのかを徹底的に洗い出した上で、的確な診断とそれに対する治療計画を立てていきます。保険診療内でここまで細かい診査を行う歯科医院は他にはないと自負しております。一口に歯周病治療といっても、患者さまの年代によって必要な治療が変わってきます。例えば若い頃に起こる若年性歯周炎の場合は進行が早いため、その点に考慮した治療が必要になります。そういった意味では歯周病治療は各歯科医院の治療理念や理論、エビデンスというものが明確に現れる治療といえます。歯周病を本当にしっかり治そうと考えるなら、できるだけ多くの資料を集めて綿密な治療計画を立てていくことがもっとも重要になります。さらに的確な診断を下すための知識と経験、それに基づいて立案された治療計画を実現するだけの技術が備わっていることも求められます。当院では専門的な診査・診断・治療計画を基に、患者さま一人一人に合わせた包括的な歯周病治療をご提供しています。

歯周病治療で求められる医師の資質

歯周病の治療方法は各ステージごとに分かれており、そのステージに合わせてどのような治療を行うかというガイドラインが定められています。
歯周病という診断が下りた方に対しては、そのガイドラインに則ってプラークコントロールや歯石除去、必要に応じて外科的処置や再生療法なども取り入れながら治療を進めていきます。
歯周病の多くは咬み合わせが絡むため、歯周病への対処だけで良くなるというものではなく、咬合を再構築するということを考えると歯科医師には咬合を診ることができる技術が求められます。
また、歯周病のために残すことが難しくなった歯は、患者さまへのデメリットが大きいと考えられる時には抜歯をすることになりますが、抜歯をするとその抜いた場所への対処も必要になり、歯周病という枠に留まらないさまざまな治療へと繋がります。
歯周病の症状が重い患者さまほどトータル的なサポートが必須となり、治療の選択肢も多様になってくるため、それが提供できるかできないかという違いは大きいといえます。

カウンセリングの重要性

当院の歯周病治療では保険診療でありながら必ず最初にカウンセリングを受けていただき、ご自身のお口の中が今どのような状況になっていて、それを治すためにはどういった治療を行う必要があるのかをしっかりと理解していただいてから治療に入るという形式を取っています。
まず歯周病についての知識を共有して、現在のお口の状況と治療の必要性を丁寧にご説明してから、患者さまと一緒にゴールを目指すためのプランを立てていくことを心がけているため、最初は「先生や歯科衛生士さんに任せていればいいだろう」という気持ちで来られた方も、カウンセリング後には治療に前向きな姿勢で取り組んでくださっています。
カウンセリングには費用はかかりませんので、安心して気になるところなどをご相談ください。

実際の歯周病治療の流れ

カウンセリングによって患者さまの治療へのモチベーションが高まったところで実際の治療に進んでいきます。
歯周病になると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきの隙間に細菌が増えて歯槽骨を吸収していくので、まずは歯周ポケットの深さを計測します。
その後歯周ポケットが3mm以下のところにはスケーリング(歯ぐきよりも上にある歯垢と歯石の除去)、4mm以上の深い歯周ポケットにはSRP(スケーリングルートプレーニング、歯と歯ぐきの間にできている歯石やバイオフィルムの除去)を行います。

表面から処置することが不可能な深い部分にまでできてしまった歯石などは、外科的な処置で取り除くことになります。
骨がなくなった部分に人工膜を挿入して歯周組織の再生を促す「GTR法(歯周組織誘導法)」や、骨が不足している部分に骨の再生を助ける材料を埋め込む「GBR法(骨再生誘導法)」、骨の再生の誘導材となるエムドゲインを注入する方法など、当院では歯周病を治すためのあらゆる知識と技術を備え、患者さまに最善と思われる方法をご提案しています。

最近では歯周治療用電解水を用いた歯周ポケット内の洗浄・殺菌システムも新しく導入し、歯周病に苦しむ患者さまをお一人でも多く助けたいという思いを込めて歯周病治療に力を注いでいます。
治療が完了して症状が落ち着いた後は、定期的にメンテナンスを受けて歯周病の進行を防いでいきます。
一度溶けてしまった骨の復元は困難なので、しっかりと管理を続けて歯周病の進行を食い止めることが大切です。

電解水を利用した歯周病治療

当院で導入している歯周病治療の一つに、歯石や歯垢を綺麗にクリーニングした後、細菌が潜む歯周ポケット内へ「高濃度次亜塩素酸水」とよばれる電解水を噴射して歯周病菌を除去するという画期的な方法があります。
電解水を噴射すると、まずは成分内の次亜塩素イオンが歯周ポケット内の汚れを綺麗にする「タンパク分解洗浄」を行い、その際に作られる酸性物質によって次亜塩素イオンが次亜塩素酸に形を変えて強力に除菌します。
したがって、洗浄しながら同時に除菌も可能になることがこのシステムの大きな特徴です。

次亜塩素酸は人体に元来備わっている殺菌成分であり、安全性についても保障されています。
歯周病菌は歯に付着する際にバイオフィルムというベトベトした膜を作るので、十分な殺菌効果を発揮するために次亜塩素イオン濃度をバイオフィルムを分解するのに最適な濃度に調整しています。
強酸性または強アルカリ性の次亜塩素酸を作る機械は多くありますが、殺菌力が高い一方で歯を溶かす恐れがあることを考慮して、当院では弱アルカリ性の次亜塩素酸を作る機械を導入し、歯周病治療に適した濃度に調整しています。
なお電解水を用いた歯周病治療は保険外診療になります。
費用などの詳細はお問い合わせください。

  • 患者さまの歯のお悩みをトータルに解決します 歯医者が苦手なお子さんも安心です 痛みの少ない治療を積極的に推進します 麻酔を使わないお子さんの虫歯治療 治療完了が予防歯科のスタートラインです 予防歯科定期検診は専用のルームで
患者さまの歯のお悩みをトータルに解決します 歯医者が苦手なお子さんも安心です 痛みの少ない治療を積極的に推進します 麻酔を使わないお子さんの虫歯治療 治療完了が予防歯科のスタートラインです 予防歯科定期検診は専用のルームで
歯のことなら何でもお気軽にご相談ください
最寄り駅は名鉄「中京競馬場前」駅になります。
鳴海駅・豊明駅の中間にあり、
両駅から2駅(約4分)ほど。