妊娠している方の歯科治療MATERNITY

妊娠中の方は歯肉炎に注意

妊娠中はホルモンバランスが崩れて歯肉が炎症を起こしやすくなります。
歯肉に炎症が起きて盛り上がった状態で腫れると、歯と歯肉の間にすき間ができて溝が深くなり「仮性ポケット」というものが形成されます。
妊娠中に発生する歯肉炎を妊娠性歯肉炎と呼びますが、歯肉炎という状態であればまだ骨には影響が出ていないので、しっかりとしたメンテナンスをしてブラッシングを頑張ることで直すことが可能です。
しかし仮性ポケットの中にどんどん汚れが溜まっていって、歯ブラシが届かない環境の中でその溜まった汚れが下の歯槽骨に影響を及ぼしてくると、歯肉炎から歯周病へと移行してしまうことが考えられます。
歯周病は必ず最初は歯肉炎から始まり、慢性的な炎症によって歯周炎へと進行してから、歯周炎が長期化すると歯周病になるという流れが決まっているため、歯周病まで進んでしまう前に歯肉炎の状態で止めておくことが非常に重要です。
妊娠している方はどうしても歯肉炎になりやすいというリスクを避けられないので、その歯肉炎の状態をいかに早い段階で取り除くかを考えたケアが必要です。

妊婦さんへの麻酔や投薬など

当院では基本的に妊娠中の方への麻酔も投薬もレントゲンも、きちんとした知識を元に適切に行う限りでは問題ないと考えています。
もちろん気持ちの上でお腹の赤ちゃんに影響が出ることを心配される妊娠中の患者さまも多いため、検診や軽微な治療でのレントゲン撮影や薬の処方は控えておりますが、必要と判断した時には最小限の範囲に限って麻酔や投薬、レントゲン撮影を必ず行っています。
なお当院で導入しているレントゲンは従来のフィルムのレントゲンに比べて被爆線量が10分の1に軽減された最新デジタルレントゲンであり、防護エプロンも着用し必要最低限な部分しか撮影しませんのでご安心ください。

抜歯などの難しい症例への対応

当院では口腔外科も対応しておりますので、どうしても抜歯が必要と思われるケースでは基本的には抜歯をして、術後は妊娠中の方でも飲めるお薬を処方しています。
しかし特に痛みや強い腫れなどがないような親知らずなどは、妊娠中に無理に抜歯せずに、出産後の落ち着いた頃の受診をおすすめしています。
虫歯治療についても、治療を先延ばしにして問題ないような虫歯であれば進行を止める薬を使う場合もあります。
歯科医院に行くことを躊躇して歯の痛みで栄養不足になったり、精神的に不安定になったりする方が胎児に悪影響となることも考えられるので、妊娠中に歯の悩みがある場合はまずはご相談いただき、身体に負担のない形での治療計画を立てていきましょう。

妊婦さんの治療で気をつけていること

妊娠している方でも、レントゲンと薬の処方にさえ気をつければほとんどの歯科治療は普段通りに行うことが可能です。
しかし妊娠後期になるとお腹が大きくなって、仰向けに寝た体勢では腹部の血管が圧迫されるため長時間の診療が難しくなることもあり、できれば虫歯や歯肉炎の治療は妊娠中期の安定した体調の時に済ませておくのが望ましいです。
治療時の姿勢についても、気分やお腹の張り具合などの様子を見ながら、椅子をあまり倒し過ぎずに楽な姿勢を取ってもらえるよう配慮しています。
治療中に体勢がつらくなった時や、気分が悪くなった時は遠慮なくお申し出ください。

妊娠中に歯周病に罹患することのリスク

妊娠中の歯周病の悪化は、お腹の赤ちゃんにも影響を及ぼすことがわかってきています。
妊娠している女性が何らかの歯周病にかかっている場合、早産や流産、低体重児出産のリスクが高まるという統計も出ており、お母さんのお口の環境が悪化すればそれだけ胎児にも影響が出ることは明らかです。
大切なお子さんを守るためにも、口腔内を常に清潔に保ち、歯肉炎の状態は早い段階で治して、虫歯があれば治療を済ませておくことは絶対条件といえます。
名古屋市では「妊産婦歯科診査」を実施しており、妊産婦歯科診査受診票をご提示の上で受診された方については、検診の後にクリーニングなどに移行されると初診料は不要になります。
当院は妊産婦歯科診査の協力歯科医療機関に指定されていますので、検診を期に一度しっかりとお口の状態の確認にご来院されて、費用を抑えながら歯石取りなどのケアを行うことをおすすめします。

妊娠中に気をつけていただきたい生活習慣

個人差がありますが、妊娠中は食事が一度にたくさん摂れなくなって少しずつだらだら食べ続ける状態になる方が多くいらっしゃいます。
間食が増えると歯を磨くタイミングもわからなくなり、虫歯や歯肉炎の症状が出やすくなります。
またつわりによる嘔吐で口の中に胃酸が広がり、歯の表面を溶かしてしまうことによって歯が弱くなるケースも見られます。
とはいえ間食をやめたりつわりを我慢したりすることは簡単にはできませんので、それだけ普段とは違う環境に身を置いていることを認識して、普段以上の細かな手入れと検診を受けるということが必要になります。
つわりのため歯ブラシを口に入れただけでも吐き気を感じる方にとっては歯磨きの時間は憂鬱になるかもしれませんが、虫歯や歯肉炎により後でつらい思いをするのは患者さまご自身であり、歯肉炎が歯周病にまで進行してしまうと胎児にも影響が及ぶ恐れがあります。
生まれてくる赤ちゃんの為にも頑張ってお口の中を綺麗に保つことが大切です。

  • 患者さまの歯のお悩みをトータルに解決します 歯医者が苦手なお子さんも安心です 痛みの少ない治療を積極的に推進します 麻酔を使わないお子さんの虫歯治療 治療完了が予防歯科のスタートラインです 予防歯科定期検診は専用のルームで
患者さまの歯のお悩みをトータルに解決します 歯医者が苦手なお子さんも安心です 痛みの少ない治療を積極的に推進します 麻酔を使わないお子さんの虫歯治療 治療完了が予防歯科のスタートラインです 予防歯科定期検診は専用のルームで
歯のことなら何でもお気軽にご相談ください
最寄り駅は名鉄「中京競馬場前」駅になります。
鳴海駅・豊明駅の中間にあり、
両駅から2駅(約4分)ほど。