一般歯科・根管治療GENERAL

歯科用ルーペを標準装着した緻密な治療

精密な治療のためには、最低限「よく見えていること」が必要条件です。
そのためには拡大視野とライティングシステムが必須となります。
当院では保険診療、自費診療の区別なく、治療に携わる医師と歯科衛生士全員が高倍率の歯科用ルーペとライティングシステムを導入しています。
裸眼のままでは必要以上に健康な歯質を削ってしまったり、細かい神経の取り残しをしたりと、十分なクオリティの治療を提供することが難しく、ルーペ無しでの治療にはもう戻れないと考えています。

細かい作業を行う根管治療のみルーペを使用する歯科医師は多いですが、当院の院長のように常時10倍ルーペを装着して虫歯の治療、外科処置、根管治療、入れ歯の調整など、全ての治療を行っている医師はほとんどいないのが現状です。
ルーペのない環境で勘と経験に頼りながら治療を行う医師と比較すると、明らかに見ている世界が違うということをご理解いただければと思います。
インプラントや細かい根の治療などの精密歯科治療を行なう時には、必要に応じてマイクロスコープも使用し、細部までしっかりと確認しながら治療を進めています。

最新機器で安心の治療を

より精度の高い治療をご提供するためには、最新機器の積極的な導入や技術・知識を高める努力が必要です。
マイクロスコープやCT、レーザー治療器などを使用しなくても歯の治療はできますが、それらを使用するかどうかによって、治療の経過と結果に大きな差が出ます。
CTを撮ることで根管の中のどの部分に根尖病巣があるかを見分けられて不必要に全ての根管を開ける必要がなくなったり、それまで発見できなかった虫歯が見つかったり、マイクロスコープを使用することで今まで見えていなかった新しい根管を見つけたりということが可能になってくるので、確実な診査・診断・治療計画のためには高性能な機器の使用が必要不可欠です。

ただし、例えばマイクロスコープを導入したとしても、医師が視界の狭さや距離感などに慣れずに使いこなせていなければ医療のプラスには一切なりません。
最新の機器や設備はあくまでも的確な診断を下すための一つのツールに過ぎず、それを使う医師によって良くも悪くもなるということを常に肝に銘じております。

虫歯治療を先送りにするリスク

虫歯は初期段階では自覚症状が少なく、痛みやしみる感覚などの症状を感じた頃にはかなり進行していることが考えられます。
症状が出ていない間に治しておけば、麻酔も不要なほどの簡単な処置で終わる可能性もあり、一回の治療で済む場合が多くなりますが、「この頃歯が痛いから歯医者さんに行こう」という対症療法的な対応では、既に神経を取らなければならないほど虫歯が大きくなっていたり、場合によっては歯を抜かなければいけない状態に至っていたりというケースが起こる恐れがあります。
虫歯の治療を先送りにすればするほど、治療完了までに必要な来院回数も、治療にかかる費用も、患者さまが感じる痛みも増してくるので、定期検診と早めの来院でできる限り虫歯予防を心がけることが大切です。

歯の神経を取るかどうかの判断基準

虫歯が深く進行していくと神経を取るかどうかの判断が必要になることがあります。
当院では神経を取ることは歯を抜くことと同じレベルの重要な決定事項だと考えており、残せる場合はできるだけ残すように努めていますが、神経を取った方がベストだという診断が下った歯については最善の治療結果に向けて神経を取る処置を行っています。
そのためにはレントゲンやCTの撮影で歯の状態をしっかりと確認し、歯の細かいところに亀裂が入っていないかなどをルーペやマイクロスコープで仔細にチェックを行うほか、場合によっては電気歯髄診(パルプテスター)という歯の神経が生きているかどうかを調べる器械も使用した上で、それらの結果全てを総合して診断を行います。
正確な判断を行うためのツールを駆使して現状を詳しく検査した上で、歯の神経を残すと患者さまへのデメリットが大きいと判断した時には抜く処置を行い、残せると判断した時にはどのような治療を行えば残せるかを丁寧にお伝えして、患者さまのご要望も伺いながらその後の治療方針を決定しています。

抜歯をするかどうかの判断基準

重度の虫歯や歯周病などで、抜歯をするかどうかという決断をしなければならない状況になることがあります。
当院では進行が進んだ虫歯に対しては、高度な治療技術と最新設備による精度の高い根管治療を行うことで抜歯をせずに歯を残す努力をしていますが、それでも抜歯をする可能性が出た場合には、しっかりとしたエビデンスに基づいて治療計画を決定しています。
どうしても残せないという判断に至った歯は抜歯をするしかありませんが、患者さまご自身が歯を残したいという強いご希望をお持ちの時は、残した場合のデメリットと、何年もつかわからないことにご理解をいただける場合に限り歯を残す形で処置を行います。
大切なのは「抜くものは抜く、残すものは残す」という明快な答えを出すことで、判断が難しいグレーゾーンのものを曖昧な状態のままにしていると全ての治療計画がグレーになってしまい、後で結局患者さまの負担が大きくなります。
その場限りではなく、長期的な視野に立って歯の健康をトータルで考えた判断を行うよう心がけています。

専属の歯科技工士との連携による高精度の技工物

患者さまのお口に入れる被せものや入れ歯などの技工物は、国家資格を取得した歯科技工士によって作製されます。
当院では長年の経験を持ち当院の歯科治療に対する考え方を共有している専属の技工士が、精度が高く患者さまにぴったり合った技工物をご提供しています。
また印象(歯の型を採ること)の際には、「材料の温度や水分量の管理」「口腔内で固まった後に石膏を流すまでの時間」「石膏から剥がした後の技工操作」などを含めて、全て一貫したルールに基づきシステム化された状態で行うことによって、印象精度も非常に高く保つことを可能にしています。
また院内にコンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムを導入し、仕上げは一貫して同じ歯科技工士が担当することで、自費診療の白い歯も価格を抑えながら高品質のものを作製しています。
保険診療でも一部の歯にはCAD/CAM冠が認められるようになり、保険、自費にかかわらず患者さまにご満足いただける高精度の技工物をご提供するために日々研鑽を積んでいます。
技工物の適合が悪いとその部分から虫歯の菌が入りこむため、適合精度が高い技工物ほど虫歯になりにくく、患者さまの歯をより長持ちさせることに繋がります。

虫歯の治療が終わったら

虫歯は特に歯と歯の間に発生しやすく、虫歯ができてしまったという時点でお口の中に虫歯の菌が存在していることが確実になります。
従って、別の歯にも同じような虫歯ができる可能性があることを患者さまご自身が認識していただくことが大切です。
しっかり歯磨きをしているつもりでもむらがあって、綺麗に磨けていなかったところから虫歯が進行しやすいことを考えると、治療が終わった後も虫歯になった箇所のブラッシングをいかに徹底していくかが大切になります。
治療が終わった後もそれで安心せずに、日々のプラークコントロールを続けることと、定期検診を必ず受けて経過を見ていくことで、新しい虫歯の発生を防ぎましょう。

小さいお子さんを連れて治療に来られるお母さんへ

院内は段差のないバリアフリー設計になっており、診療室も広いスペースを確保しておりますので、靴を脱ぐ必要もベビーカーをたたむ必要もなく、お子さんと一緒に診療室にそのまま入っていただけます。
また、当院ではキッズスペースをご用意する代わりに、各チェアそのものがキッズスペースの役割を果たすような環境を整えています。
多くの歯科医院で設置されているキッズスペースは、保護者の方とお子さんを離してしまうという問題点を抱えています。
お母さんの顔が見えないことでお子さんが不安を感じたり、お母さんの方も自分の子がどのような状況にあるかわからないままで治療を受けたりということは当院では決して起こりません。
ベビーカーごと一緒に診療室に入り、保護者の方が治療を受けている横で好きなテレビを見たりおもちゃで遊んだりしながら過ごす方が、安心して待ち時間を過ごすことができます。
お子さんが急に泣き出した時にもお腹が空いているのか、おむつを替えてほしいのかなど、泣いている理由を瞬時に察知してその場でお母さんが対処することも可能です。
いつもお子さんが目の届く範囲にいる状態にあることは、安全面を考えても望ましいといえます。

  • 患者さまの歯のお悩みをトータルに解決します 歯医者が苦手なお子さんも安心です 痛みの少ない治療を積極的に推進します 麻酔を使わないお子さんの虫歯治療 治療完了が予防歯科のスタートラインです 予防歯科定期検診は専用のルームで
患者さまの歯のお悩みをトータルに解決します 歯医者が苦手なお子さんも安心です 痛みの少ない治療を積極的に推進します 麻酔を使わないお子さんの虫歯治療 治療完了が予防歯科のスタートラインです 予防歯科定期検診は専用のルームで
歯のことなら何でもお気軽にご相談ください
最寄り駅は名鉄「中京競馬場前」駅になります。
鳴海駅・豊明駅の中間にあり、
両駅から2駅(約4分)ほど。