小児歯科CHILD

お子さんの治療の際に心がけていること

お子さんの虫歯治療では、基本的には麻酔を使わずに痛みを感じないよう配慮した治療を行うこと、どうしても麻酔が必要な時には一定のスピードで麻酔液を注入できる電動麻酔器を使用して、針先のわずかな部分だけをピンポイントで入れる方法によってほとんど痛みがないような状態を作ることを特に心がけています。治療の際の声かけでは、「今からこういうものをお口の中に入れるよ」「こういうもので削るから、ここからお水が出るよ」「お水が出たら口の中がいっぱいになるから、こういう掃除機でお水さんを吸うよ」といった形で、口の中に入れるものを全て一つ一つ見せて説明をしてから実際の処置に入ります。お子さんの治療では、大人の方の治療よりも声かけを丁寧に行い、「何をされるかわからない」「見たことのない道具がこわい」という不安感を感じるお子さんの気持ちに寄り添って、恐怖心を取り除きリラックスして治療が受けられるように配慮することからスタートします。

診療室内への付き添いが可能です

お子さんの治療で保護者の方にそばにいていただくか、待合室で待っていていただくかということについては、歯科医院によって対応が分かれるところです。「側に親がいると甘えてしまうから」とお子さんだけで治療を受けることを推奨している医院もありますが、当院では基本的に一緒に診療室に入っていただき、保護者の方が横で見守っている中で治療を行うというスタンスを取っております。もちろん「先生に任せて待合室で待っています」という方もいらっしゃるので、あくまでもご希望に沿う形にしていますが、診療室に付き添いたいという親御さんにはお子さんが何歳になっても立ち会っていただくことが可能です。お子さんは集中できる時間が大人より短いため、極力チェアタイム(1回の診療時間)を短時間に抑え、曖昧さを排除した明確な治療を行っています。なお時間が長くかかる矯正治療については、お子さんが一人で診療室に入って治療を受ける形にさせていただいています。

お子さんの歯を守るために知っておきたい知識

お子さまを虫歯から守るためには、虫歯菌の感染を徹底的に防ぐことが第一です。大人が使った箸やスプーンで食べさせることや、ペットボトルの飲み渡し、スキンシップとしてのキスなどは家族全員で控えて、虫歯の菌をお子さんに移さないことがお子さんの将来にわたるお口の健康のために不可欠です。歯が生えてきたら早い段階で歯科医院でのフッ素塗布を行い、虫歯になりにくい歯にしていくことも大切な心がけとなります。現代は顎が小さくなり、本来ならすきっ歯で生えてくるはずの乳歯がぴったりとくっついた状態になっているお子さんが多いため、隣接面と呼ばれる歯と歯の間に虫歯ができてしまうケースが増えています。歯の状態によっては子どもでもデンタルフロスを使うことも必要になりますので、まずは何も問題がなくても歯科医院で歯のチェックを受けることで、保護者の方にとってもお子さんの歯の健康について知る良いきっかけとなります。

乳歯の虫歯を放置することのリスク

乳歯が虫歯になった時に「いずれは永久歯に生え変わるから」と何も対処をせずにそのままにしていると、さまざまなリスクをお子さんに背負わせることになります。第一に、自然に抜けるはずの時期よりも早期に歯を失うと必ず歯並びに何らかの影響が出る点が挙げられます。早い段階で歯が虫歯菌に感染して神経が死んでしまうと、無理やり押さえつけてでも麻酔をして歯肉の切開や抜歯をする必要が生じます。また、乳歯の虫歯がある場合、後から生えてくる永久歯が虫歯になる確率もぐっと高くなります。大人の歯がボロボロになってしまう原因のスタート地点にあたるものがこの時期にあるのです。そのため、保護者の方は常にお子さんの口の中をしっかりと観察し、日頃から虫歯を見逃さないこと、家族から虫歯菌を移さない努力を怠らないことが大切です。スプーンや箸の共有を避けることなどを家族が普段気をつけていても、おじいちゃん、おばあちゃんの家に預ける時などに知らないうちに大人が噛み砕いた食べ物を与えていたりということが起こるので、お子さんに接する大人全員に虫歯菌の怖さを周知する必要があります。

かかりつけの歯科医院を持つこと

お子さんは成長していく中でさまざまな問題を抱えるようになります。かかりつけの歯科医院を持たずに定期的な歯の状態のチェックをしていない子はタイミングが後手後手に回り、例を挙げると「早い段階で改善するべき癖を見逃してしまって癖が残り、そのために咬合が崩れる」「虫歯の原因が判明しないために、必要な予防的措置や今後気をつけなければならないことの指導が受けられない」「歯を抜くタイミングが遅れたが故に歯並びが乱れてくる」「本来なら矯正治療は不要だったのに長く放置したことで矯正治療をする必要が出てしまう」といったことが起こり得ます。当院では総合歯科的にお口の中を診ており、口腔外科領域、虫歯、矯正、歯周病も含めて、全ての面においてトータルでサポートしながら先手を打つことが可能です。地域のかかりつけ歯科医として、お子さんが安心して長く通える歯科医院を目指しています。

年齢別の陥りがちな歯のトラブル

0歳~3歳

この時期は咬合が完成する前の段階であり、上の歯と下が歯が揃わない状態では虫歯のリスクとの戦いになります。口の中には自然な自浄作用が働いており、極端にいえば歯磨きをしなくても歯と歯が接触している部分は虫歯にならないのですが、接触のない部分に汚れが残っていた状態でもし虫歯菌が入ってくると虫歯になる可能性が上がります。磨きにくい奥歯を例に挙げると、下の奥歯がまず生えてきて、後から生える上の奥歯がしっかりと下の奥歯と噛み合うまでに半年間のずれがあるとすると、その半年間は非接触関係の中でずっと過ごしていくことになります。その時期に手入れを怠ると虫歯になる可能性が高くなるのです。もう一つ、歯の生え始めがもっともフッ素を取り込むので、歯が生えてきたらその都度フッ素を塗ることも大切です。当院では3か月に1回のフッ素塗布をおすすめしています。

3歳~6歳

乳歯列が完成し、永久歯に生え変わる準備が始まります。最近では乳歯列の期間に歯の間の接触点が多い子が増えており、歯の隣接面に虫歯ができるリスクの高さを考えると歯と歯の間のケアをしっかりと行う必要が出てきます。早い時期から歯科医院に来ているとこの年齢の頃には歯医者さんに慣れてきているので、お子さん本人が「虫歯の予防をするために歯医者さんに来ている」という意識を自ら持てるように働きかけることも大切です。なお下の顎が前に出ている「反対咬合」という状態は、この時期に治療を開始するとスムーズに改善する可能性が高く、そのような咬合面でのトラブルを持つお子さんは早い時期から対処することが望ましいといえます。

6歳~12歳

小学校入学から卒業までの時期は乳歯と永久歯がお口の中で混在する混合歯列期と呼ばれ、歯並びがもっとも重要になってきます。歯並びへの対処も早い段階から行わなければ後からさまざまな問題が生じてきます。死ぬまでずっと使っていく永久歯に虫歯を作らないという意味では、この時期に歯の大切さを認識してもらうことも必要です。6歳以降になると保護者の方にではなくお子さん本人にしっかりと伝えるようにしています。小学校では年に一度集団歯科検診が行われていますが、レントゲンや照明など必要最低限の設備のない環境では、歯と歯の間の虫歯など細かい部分の虫歯を見つけることは困難です。検診で問題なしという結果だったとしても、必ず歯科医院での診察を受けましょう。

当院が提供する小児矯正のページへ

気をつけるべき癖とそれに対する指導

指しゃぶり、おしゃぶりの常用、口呼吸などの癖をやめさせるための指導には「お子さん本人の意識」「保護者の理解と協力」の2点が大きな意味を持ちます。当院ではそのための手段の一つとしてマイオブレイス(T4K)トレーナーを使用した筋機能トレーニングをご提案していますが、トレーナーを入れていても本人の気持ちが伴っていなければ意味がないので、最終的にはやはり常に「指しゃぶり、おしゃぶりをやめよう」「鼻呼吸を心がけよう」という意識をお子さん本人が高く持っていただくことが重要です。実際に当院の指導によって意識付けが促され、癖が改善されたケースが多数あります。「いずれは皆やめていくから」と楽観的に構えずに、早い段階でやめるための働きかけを始めることを強くおすすめします。例えば指しゃぶりについては、遅くとも乳歯列が完成する2歳~2歳半頃までにはやめた方が望ましいといえます。なお、歯ぎしりについてのご相談を頂くことがありますが、子どもの歯ぎしりは顎の位置や咬み合わせを調整するという意味があり、成長の過程の中で起こるものなので気にせずに自然に任せていて問題ありません。

お子さんの食生活に関するアドバイス

適切な食習慣は、お口や歯の健康にとっても大切です。 子どもは甘いものが大好きですが、ダラダラとお菓子やジュースを与えることは虫歯のリスクの面からも栄養面から見ても避けた方が賢明です。また、極端に顎の成長が悪いお子さんに関しては、歯ごたえの食材を取り入れた噛む回数が多くなる食事をおすすめするようにしています。食育という意味では、成長するに従ってその時期に積極的に食べさせるべきものが変わってきますが、歯の生えている本数や生える早さ、顎の成長などによって個人差が大きくなります。診察の際にご相談いただければ、お口の中の状態を考慮した上で、お子さんに合った食生活のアドバイスをさせていただきます。

お子さんが歯の怪我をした時は

活発なお子さんは、スポーツや遊びなどの場面で顔から転んだりぶつかったりして、歯が欠けたり、グラグラになって抜けたりすることがあり、当院にも時折そのようなお子さんが来院されます。欠けてしまった歯はその部分を詰めて修復しますが、根本から抜けた場合は歯の根の周りについている再生組織(歯根膜)が生きていれば元に戻せる可能性が残されています。そのためには牛乳に浸しておくか、牛乳が手に入らない場合には口の中に入れて持ってきていただくようにお願いしています。抜けた歯を水道水で綺麗に洗ってしまうと汚れと一緒に歯根膜も失われてしまうので、砂や泥がついていてもそのままの状態で、乾燥させないように気をつけて保存した上ですぐに歯科医院においでください。できるだけ早く処置することで歯が生着する確率が上がります。

  • 患者さまの歯のお悩みをトータルに解決します 歯医者が苦手なお子さんも安心です 痛みの少ない治療を積極的に推進します 麻酔を使わないお子さんの虫歯治療 治療完了が予防歯科のスタートラインです 予防歯科定期検診は専用のルームで
患者さまの歯のお悩みをトータルに解決します 歯医者が苦手なお子さんも安心です 痛みの少ない治療を積極的に推進します 麻酔を使わないお子さんの虫歯治療 治療完了が予防歯科のスタートラインです 予防歯科定期検診は専用のルームで
歯のことなら何でもお気軽にご相談ください
最寄り駅は名鉄「中京競馬場前」駅になります。
鳴海駅・豊明駅の中間にあり、
両駅から2駅(約4分)ほど。