2015.04.03更新

歯ブラシをしていると毛先に血が付いている、歯茎が血でにじんでいるなんてことはないですか?

 

痛みがないと、そのままにしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

それは歯や歯茎からのサインです。

 

例えば、出血は歯肉炎や歯周病の症状にもあります。


痛みがないからと言って、そのままにしておくと気付かないうちに症状は進行してしまいます。

 

小さな変化を見逃さないでください。特に歯周病は虫歯と違い自覚症状があまりないので、ご自身で気づいた時には重症化しているケースがいくつもあります。

 

他にも歯ブラシの力が少し強いのかもしれません。

力が強いと歯茎に傷がつき出血してしまっている場合もあります。

大事に至る前に、一度拝お口の中を拝見させて頂ければと思います。

あくね歯科医院では小さなお悩みでも、なんでもお話いただければと思っております。

そして十分にお話を聞き、検査をして一人一人にあった治療を提案していきます。

 

投稿者: 制作管理者

2015.04.02更新

一昔前までは、歯列矯正治療を大人の方が行っているのを見かけるのはとても少なかったと思います。

 

理由としては、今よりご自身の歯並びを気にしている方がすくなかったこと、仕事をしているとワイヤーが見えて恥ずかしい事などが挙げられるでしょうか。ほかにも金額などの問題もあると思います。

 

しかし、最近では芸能人にも歯列矯正をしている方が多くなったことなどから、大人の方でも歯列矯正をするのが広く一般的になったのではないでしょうか。


それに加え、「見えない矯正」というマウスピース矯正の普及によって仕事をされている方、人前に出る機会が多い方にも気軽に歯列矯正をできるようになったと思います。

 

歯列矯正というと、ワイヤーを装着するというイメージが大きく、見た目で治療を躊躇されていた方も多くいると思いますが、初めてマウスピース矯正を見ると、装着していることを伝えないとわからないくらい自然なので皆様おどろかれています。


また、マウスピースは着脱可能なのでブラッシングもしやすく、口腔内を清潔に保つ事が出来ます。

 

気になる方は、一度ご相談ください。

投稿者: 制作管理者

2015.04.01更新

前回の続きで口臭のお話になります。

 

口臭のメカニズムと生理的口臭のお話をしたましたので、今回は病的口臭のお話をしていきます。

 

病的口臭とは、その名の通り病気が原因で発生する口臭です。


主な原因となる病気は、虫歯や歯周病です。

 

虫歯で歯に穴があき、そこに食べカスがつまり磨けずに放っておくと臭いの原因になります。


歯周病は歯周ポケットに潜んでいる原因菌が食べカスなどのタンパク質を分解し臭いを発生させます。

 

病的口臭は、原因となる病気を治療しなくては口臭は消えません。特に歯周病は痛みも感じずご自身で気づきにくい病気です。

 

口腔内が乾燥してないのに口臭を常に感じていたら歯周病のサインかもしれません。

 

他には、副鼻腔炎、肝臓病、腎臓病などの全身疾患で口臭が発生することもあります。

 

口臭が気になった時は、その原因がなにか見つけることが大切です。

投稿者: 制作管理者

  • 患者さまの歯のお悩みをトータルに解決します 歯医者が苦手なお子さんも安心です 痛みの少ない治療を積極的に推進します 麻酔を使わないお子さんの虫歯治療 治療完了が予防歯科のスタートラインです 予防歯科定期検診は専用のルームで
患者さまの歯のお悩みをトータルに解決します 歯医者が苦手なお子さんも安心です 痛みの少ない治療を積極的に推進します 麻酔を使わないお子さんの虫歯治療 治療完了が予防歯科のスタートラインです 予防歯科定期検診は専用のルームで
歯のことなら何でもお気軽にご相談ください
最寄り駅は名鉄「中京競馬場前」駅になります。
鳴海駅・豊明駅の中間にあり、
両駅から2駅(約4分)ほど。