2015.01.30更新

大人の名古屋vol.28大人の名古屋vol.28

投稿者: 制作管理者

2015.01.30更新

大人の名古屋vol19大人の名古屋vol.19掲載ページ

投稿者: 制作管理者

2015.01.29更新

 

中部経済新聞に紹介された記事

投稿者: 制作管理者

2015.01.29更新

名古屋クオリティーに当院が紹介されました!

名古屋クオリティ表紙名古屋クオリティ掲載ページ

投稿者: 制作管理者

2015.01.29更新

「東海の頼れる病院クリニック2014-2015」 に当院が紹介されました!

東海の頼れるクリニック東海の頼れるクリニック掲載ページ

 

投稿者: 制作管理者

2015.01.28更新

歯の色を理解するには、その構造を理解することがとても重要です。

歯の表面はエナメル質という半透明色の硬い組織で覆われていて、エナメル質の中には黄褐色の象牙質という組織があり、さらにその中には歯髄があります。
そして歯の色はそのエナメル質と象牙質の色によって決定されます。

もともと生まれ持った歯の色もありますが、年齢とともに黄褐色の象牙質の厚みが増し、逆にエナメル質はどんどん薄くなっていくため、年をとるとともに歯は黄ばんで見えるようになります。

いくら歯の表面の汚れを落としても、自分の歯は黄色いと思われている人は、遺伝か年齢の黄ばみだと理解したほうが良いと思います。

まれに、歯が形成される時期に飲んだ薬が原因で歯が黒ずんだ色になってしまうこともあります。
黄ばんだ歯を白くすることは、以前は大掛かりに削ってかぶせたり、詰めたりすることが一般的でしたが、今では歯を削ることなく安全で行うことのできるホワイトニングがかなり一般的になってきています。
最近では老若男女問わず受ける方が増えてきています。

投稿者: 制作管理者

2015.01.28更新

最近ではホワイトニングをうたった歯磨き剤もいろいろと発売されています。
黄ばみが歯の表面のみの汚れの場合、汚れを落とす効果が期待出来ます。
しかし内面からの黄ばみは歯磨き剤では白くできません。

汚れがよく落ちるものでも研磨剤などが極度に入っているものもあります。
これは注意が必要です。 汚も落ちますが同時に歯の表面も削れてしまう為です。

また歯石など歯ブラシでは落ちない汚れもあるので、自分で落とせれない汚れは無理に磨くのでは無く定期的にプロのクリーニングを受けることをおすすめします。

最近では歯の表面のミクロの傷を修復する歯磨き剤も出てきています。
表面が修復されつるつるになることで汚れも細菌もつきにくくなります。

歯の表面は使っていくうちに、いろいろな細かい傷が必ずついていきます。
その傷は細菌や汚れがこびりついて色が変色したり虫歯になる原因となります。

当院ではそのような表面を修復してくれる歯磨き剤なども取り扱っています。
気になる方はぜひ一度試してみてください。

投稿者: 制作管理者

2015.01.28更新

よく患者さんで歯の汚れをとってほしいという要望がありますが、歯の汚れと言っても色々とあります。

タバコなどを吸われて歯の表面にこびり付いたヤニ、お茶などの成分が沈着した汚れなど、これらの汚れを我々は、歯の表面に付いた着色と言っています。

次に歯石です。実は歯石と言っても歯茎のうえにある歯石と歯茎の下にある歯石で大きく2つに分かれます。

そして私たちの目には見えませんがバイオフィルムというものもあります。バイオフィルムとは無数の細菌が協力して歯の表面にこびり付いた膜のことです。

このように実は汚れと言っても色々な種類があり、それぞれ生体に及ぼす影響も違います。そしてクリーニングの仕方も違うのです。

そのため、1つ1つをしっかり理解して、自分のお口の中で何が起こっているかを把握しなくてはいけないのです。

投稿者: 制作管理者

2015.01.28更新

前回、歯の汚れの種類についてお話しましたが、ではそれぞれの生体に及ぼす影響はどのようなものがあるのか、今回簡単にお話したいと思います。

歯の着色は実は生体にとっては何も害はありません。 しかし多くの方は一番見た目に気になるところなので、きれいにしたいと思っているはずです。

ご自身の歯磨きで一生懸命落そうとして逆に歯の表面を傷つけてしまうと、それが原因で知覚過敏になったりより着色しやすい表面形態になったりします。 プロのクリーニングで着色は落としたほうがいいと思います。

次に歯石にはどういった害があるのでしょうか?

実は歯石自体は何も害はないのです。 しかし、歯石が付くことで歯の表面に歯ブラシが届かなくなりそれが原因でプラーク(歯垢)がたまり虫歯や歯周病に罹患してしまうのです。 しかも歯茎のすきま(歯周ポケット)に歯石がこびりつくと見た目はきれいに磨けているのに、実は歯茎の中で細菌が増殖し骨がどんどん解かされていくのです。 なので、歯石といってもどこについているかでクリーニングの仕方も生体におよぼす影響も違うのです。

では、バイオフィルムはどういった害があるでしょうか?

これは前回お話したとおり細菌のかたまりなのでついていれば虫歯や歯周病の原因になることは言うまでもありません。 やっかいなのはこれが歯ブラシでは完全落とすことができないということなのです。
そしてプロのクリーニングを受けたとしても研究では3か月するとまた歯の表面に再形成されてしまうということがわかっています。だからこそ自覚症状がなくても定期的なクリーニングは必須なのです。

投稿者: 制作管理者

2015.01.28更新

ランチ後のオフィスビルの女性トイレは歯磨きする女性社員でいっぱい、という光景が日常的に見られるようになりました。

1日3回以上歯を磨く人は増えており、平成17年の厚生労働省の歯科疾患実態調査によればその割合は約21%で、調査ごとに少しずつ伸びてきています。また歯磨きメーカーの行った調査では、オフィスで働く女性の半数以上がお昼の歯磨きをしているそうです。

2003年頃にオフィスビルが大量供給されたことで、テナント誘致のため付加価値をつけるべくトイレの機能を競い合った結果、オフィスビルのトイレの快適性やデザイン性がぐんとアップしたことも歯磨きする人が増えたことの一因になっているようです。

化粧ポーチなどの小物収納棚の設置は今や当たり前で、化粧直し専用のスペースがあったり、洗面ボウルの間隔が広くとってあったりと、より快適にお化粧や歯磨きをしたいという働く女性のニーズを意識した配慮が各所に見られるようになりました。

最近は駅の有料化粧室が増えたり、ドリンクサービスまでついた有料パウダールームなるものまで登場してきており、利用状況も上々と聞きます。 お金をかけてでも快適空間を望む人が増えているということなのでしょう。

そうしたスペースがさらに進化すれば、いつか各種歯磨きグッズを備えた歯磨き専用のスペースができないとも限りません。もしそうなれば、外出先での歯磨きはよりスムーズにそして快適になるのではないかとも思います。

投稿者: 制作管理者

前へ
  • 患者さまの歯のお悩みをトータルに解決します 歯医者が苦手なお子さんも安心です 痛みの少ない治療を積極的に推進します 麻酔を使わないお子さんの虫歯治療 治療完了が予防歯科のスタートラインです 予防歯科定期検診は専用のルームで
患者さまの歯のお悩みをトータルに解決します 歯医者が苦手なお子さんも安心です 痛みの少ない治療を積極的に推進します 麻酔を使わないお子さんの虫歯治療 治療完了が予防歯科のスタートラインです 予防歯科定期検診は専用のルームで
歯のことなら何でもお気軽にご相談ください
最寄り駅は名鉄「中京競馬場前」駅になります。
鳴海駅・豊明駅の中間にあり、
両駅から2駅(約4分)ほど。