2015.02.12更新

前回のお話しでもあったように、むし歯ができる原因は4つありましたね。

今日は、その中にでてきた『時間』についてお話ししたいと思います。

こんなグラフを見かけたことはありませんか? これはお口の中のph値を表したものです。みなさんの唾液はアルカリ性になっていて、食事をする事で、お口の中が酸性になります。そしてゆっくりとまたアルカリ性に戻っていくのです。

ということは、このグラフにさらに間食が入ると、グラフの波は増えてむし歯になりやすい環境が増えるという事です。

ph値が5.5以下になるのは食後5分後からと言われています。

ですので、食後はなるべく早く歯磨きをしましょうね。 むし歯になりにくくするためにも 

 

☆だらだら食べをしない

☆時間を決める

☆就寝前の飲食はさける(寝ている間は唾液の量が減る)

 

を心がけてくださいね。

  • 患者さまの歯のお悩みをトータルに解決します 歯医者が苦手なお子さんも安心です 痛みの少ない治療を積極的に推進します 麻酔を使わないお子さんの虫歯治療 治療完了が予防歯科のスタートラインです 予防歯科定期検診は専用のルームで
患者さまの歯のお悩みをトータルに解決します 歯医者が苦手なお子さんも安心です 痛みの少ない治療を積極的に推進します 麻酔を使わないお子さんの虫歯治療 治療完了が予防歯科のスタートラインです 予防歯科定期検診は専用のルームで
歯のことなら何でもお気軽にご相談ください
最寄り駅は名鉄「中京競馬場前」駅になります。
鳴海駅・豊明駅の中間にあり、
両駅から2駅(約4分)ほど。