審美歯科・ホワイトニングBEAUTY

機能面を重視した審美歯科治療

審美歯科とは、美しい口元を生み出すための治療であり、「銀歯が気になる」「歯の色を綺麗にしたい」「歯の形を変えたい」などの口元の悩みを解消するものです。美しい歯は人の印象に大きな影響を及ぼします。当院の審美歯科では、単に見た目が綺麗になるという審美面だけではなく、「しっかり噛める」「咬み合わせのバランスが良い」という機能面の確保も何よりも大切にしています。カウンセリングによって患者さまそれぞれの悩みをじっくりと伺い、患者さまのご要望に叶った見た目を追求しながら、同時に理想的な咬み合わせの実現を目指します。健康で美しく、ずっと同じ状態で長持ちする歯のために、最善な選択肢を患者さまと一緒に考えていきます。患者さまのお口の状態によっては、虫歯や歯周病の治療、神経の治療、ホワイトニングなど、総合的な治療をご提案する場合もあります。

歯科技工士との連携

審美歯科に対する当院のこだわりとしては、医師が審美的な形成を行う際にも必ず10倍のルーペを使用して精密で繊細な形成を心がけることがまず挙げられます。また、常に印象精度(型採りの精度)の高さも追求しています。医師は独自のガイドラインに基づき、熱膨張係数(セラミックなどの材料の温度差による収縮と膨張)なども含めて全て綿密に管理された環境下で模型を製作した上で、信頼する歯科技工士に提供します。技工士はその模型を元に、患者さまが心から満足するような技工物を作り上げるという、歯科医師と歯科技工士の確かなコンビネーションがあって初めて理想的な審美歯科が成り立つのです。当院では「保険診療・CAD/CAM」「全顎治療・前歯部の審美症例」に分けて当院専属の歯科技工士と連携を取っており、それぞれが審美性と適合を兼ね備えた完璧な状態の技工物を仕上げてくれています。あくね歯科クリニックという病院の100%を出すためには、その100%を叶えてくれる歯科技工士の存在が不可欠であり、現在それが実現できる環境が整っていると断言できます。

CAD/CAMシステムの導入

当院ではコンピュータにより歯の詰めものや被せものなどの修復物をスピーディに計測・設計・製作する、歯科専用のCAD/CAMシステムを導入しています。院内で短時間で製作することが可能になったため、費用を抑えながら患者さまを長くお待たせせずに治療が提供できるようになりました。CAD/CAMで作られる被せものは審美治療においても幅広いニーズに応えることが可能です。白い歯というと自費診療のイメージがありますが、従来保険診療では銀歯しか選べなかった第一小臼歯と第二小臼歯計8本にハイブリッドセラミック(CAD/CAM冠)が認められるようになり、より多くの患者さまに白い歯を選択肢に入れていただけるようになっています。当院がオールジルコニアの被せ物を1歯40,000円(税抜)など、高品質の材料を使った審美治療を価格を抑えてご提供できるのは、コストカットなどの企業努力と合わせて、こちらのCAD/CAMシステム導入により院内での作製加工が可能になったことも大きな理由です。

診断用ワックスアップでゴールを設定します

当院は全ての治療で「診査・診断・治療計画」を大切にするという方針に基づき、審美治療においては模型上で歯科用のろうを使って歯を並べる「診断用ワックスアップ」を作製する工程を挟んで、治療のゴールを設定することを特に重視しています。診断用ワックスアップは建造物でいえば図面にあたるもので、そこから綿密に歯の削る量を決めたり、必要に応じて神経の治療を加えたりと、全ての治療計画を決める設計図となります。実際に患者さまのお口に治療器具を入れる前に何度もカウンセリングを行い、診断用ワックスアップによって患者さまに治療後の具体的なイメージを持っていただきながら打ち合わせを重ねた上で、最終的なゴールを見据えてから治療に入るため、治療後にトラブルが起こることもありません。いきなり歯を削って仮歯を入れてからその後の治療を決めるようなことは決してせずに、カウンセリングを大切にして患者さまとの信頼関係を築き、ご満足いただける審美治療をご提供するよう心がけています。ただ、最後の仕上げで歯科技工士が診断用ワックスアップの通りの形を再現できなければ意味がありません。色合いや形など、全てを含めてそれを再現できるテクニシャンである技工士の技術がそこにプラスされて初めて可能になります。

金属アレルギーへの対応

金属アレルギーにかかると、金属に触れた部分以外の肌にも湿疹、かぶれ、かゆみなどが生じます。指輪やネックレスなどのアクセサリーによる症状はよく知られていますが、歯科金属が原因となって発症することもあります。原因不明のアレルギー症状に悩んでいた方が、銀歯と呼ばれる銀の詰めものや被せものを金属以外の素材に取り替えることで、症状が改善されたという例も報告されています。金属アレルギーへの対処を希望される場合、口の中の全ての金属を除去する必要があるため、治療する歯の本数が多くなります。当院では耐久性・審美性ともに最も優れたオールジルコニアをはじめ、さまざまな素材をコストカットなどの企業努力により良心的な価格でご提供しており、隣接面の詰めものなどで保険診療でできる部分があれば保険での治療をご提案しているため、他院よりも価格を抑えながら口腔内の全ての銀歯を白い歯に交換することが可能になります。また、ルーペやマイクロスコープを使用した精密な治療を行っており、メタルコアなどの中の土台を外してやり直すような難しいケースでも正確で緻密な仕上がりを実現しています。

被せ物の種類

オールジルコニア

最も強度があり、最先端な被せ物の材料になります。
院内にCAD/CAMのシステムを導入することにより従来のオールセラミクスクラウンの約半額に抑えて提供することが可能になり、遠方の患者さまにも多く来院頂いております。

インレー

歯の中に詰める部分的な被せ物のことで、保険では金属が詰めてあります。

クラウン

歯をすべて削って被せる治療で、保険治療では奥歯は銀歯となります。

セラミッククラウン(メタルボンド)

金属のフレームにセラミックを張り付けた被せ物です。歯ぐきが下がると、つけ根が黒く見えることが欠点です。

セラミッククラウン(カラーレス)

歯ぐきが下がっても黒くならないよう、見える部分だけ金属フレームを除去し、セラミックのみで処理されています。

オールセラミッククラウン(e-max)

金属のフレームを一切使わず、セラミックのなかで最も審美性に優れる被せ物です。外見上、最も美しく仕上がります。

被せ物の脱落について

保険適用となったCAD/CAM冠ですが、よく脱落するというお話を耳にします。
その多くは、新しい素材に対し、以前から使用していたセメントをそのまま使用している歯科医院も少なくないからだと思います。
また、脱落を防ぐためには接着がとても重要だと考えています。材料は日々進化していて、体に優しく丈夫な物ができていても、歯と接着する技術や知識が追いついていなければ、脱落のリスクが高くなります。どの材料を使用するかによって、内面の処理の仕方や患者さまの歯の処理、そこを介する界面にはどのような材料を使用したほうがいいのかなど、全てにおいて考慮する必要があります。接着をおろそかにすることも脱落してしまう原因の1つです。
当院では、常に新しい情報に目を向け、最善の方法を考えながら取り組んでおります。その成果もあり、これまで行ったフルクラウンのCAD/CAM冠やオールジルコニアによる脱落は1,000本以上の症例のうち一度もございません。

審美歯科 価格表

オールジルコニアセラミックインレー 30,000円(税別)
オールジルコニアセラミッククラウン 40,000円(税別)
セラミックインレー(e-max) 50,000円(税別)
セラミッククラウン(メタルボンド) 80,000円(税別)
セラミッククラウン(カラーレス) 85,000円(税別)
オールセラミッククラウン(e-max) 100,000円(税別)
ファイバーコア 15,000円(税別)
  • 患者さまの歯のお悩みをトータルに解決します 歯医者が苦手なお子さんも安心です 痛みの少ない治療を積極的に推進します 麻酔を使わないお子さんの虫歯治療 治療完了が予防歯科のスタートラインです 予防歯科定期検診は専用のルームで
患者さまの歯のお悩みをトータルに解決します 歯医者が苦手なお子さんも安心です 痛みの少ない治療を積極的に推進します 麻酔を使わないお子さんの虫歯治療 治療完了が予防歯科のスタートラインです 予防歯科定期検診は専用のルームで
歯のことなら何でもお気軽にご相談ください
最寄り駅は名鉄「中京競馬場前」駅になります。
鳴海駅・豊明駅の中間にあり、
両駅から2駅(約4分)ほど。